大成化工株式会社
HOME > 開発・生産のご提案 > D検査・分析・評価

D検査・分析・評価:多数の評価・分析機器を保有

包装容器の機能は、単に利便性や美しさだけではなく、内容物の品質の保持、使用時の安全性などが十分に保証されていなければなりません。その容器の品質を客観的に評価するための機器を多数保有し、 お客様が要望する機能、品質を満たしているか検証致しております。

当社の品質を守る検査・分析・評価機器

MOCON(水蒸気透過率測定器)

 

産学官連携による共同研究・開発の推進

フィルム形状やポケット形状のPTPシートの水蒸気透過率を測定を短期間にて行うことができます。
開発品や生産品の性能を短期間で評価することができ、製品化へのスピードアップに貢献しています。

ガスクロマトグラフィー

産学官連携による共同研究・開発の推進

臭気や添加剤分析、酸素透過性測定を行います。
自社内で滅菌した製品のEOG(エチレンオキサイドガス)残留測定も行っており、お客様に安心してご使用頂ける製品をお届け致します。

FTIR(フーリエ変換赤外分光光度計)

産学官連携による共同研究・開発の推進

有機化合物の分析を行います。
生産品の材質確認や、不具合等が発生した際にも、自社内で分析可能であり、迅速な原因究明、対策に貢献致します。

 

 

 

その他にも各種機器を所有しており、様々な製品機能の測定、分析を行うことが可能です。

 

開発・生産のご提案
お気軽にお問い合わせください Tel:072-643-5791 Fax:072-640-2508 大成化工株式会社・本社 〒567-0054 大阪府茨木市藤の里2-11-6 お問い合わせ・資料請求