大成化工株式会社
HOME > 医薬品容器 > プラスチック容器 > 固形剤用広口容器

固形剤用広口容器

大成化工では厳選した防湿機能の高い素材を使用、当社独自の成形システムによりGMPの考え方に準拠した工場のもと、清潔かつ均一な固形剤用容器を製造しております。

国内の医薬品一次包装容器で初めてサトウキビ由来ポリエチレン容器を採用

大成化工鰍ヘ医薬品容器の廃棄・焼却時のCO2排出を抑制することを目的に、容器開発に取り組み、
サトウキビ由来のポリエチレンを使った医薬品容器のご提案が可能となりました。
これまでのバイオマスプラは、耐熱性、水蒸気・酸素透過性、脆さ等の機能が制限され、医薬品容器への採用は困難でありました。今回御提案するバイオマスプラ容器は、従来の石化樹脂とほぼ同様の機能・物性を備えた新しい容器です。
この新しい容器で医薬品業界におけるサステイナブルな社会構築に貢献して行きたいと考えております。

バイオマスプラマーク取得

バイオマスプラマークは、JBPAにより植物由来プラスチック等のバイオマスプラを利用している製品に与えられるマークです。

3
登録番号No233 「TCB容器ボトルシリーズ」 (バイオプラスチック度96%)
登録番号No253 「TIB容器ボトルシリーズ(TIB-35〜235)」 (バイオプラスチック度94.5%)


 サトウキビ由来ポリエチレンとは?

石油由来ポリエチレンは、廃棄後、焼却される際にCO2が発生し、それが大気中のCO2濃度を増加させ、地球温暖化問題の要因の一つとなります。サトウキビ由来ポリエチレンも燃焼させるとCO2が発生します。しかし、その炭素はもともと大気中に存在していたものを植物が体内に吸収した物ですので、大気中の炭酸ガスの増加とは考えられません。又、太陽エネルギー、水があれば、毎年再生産されます。この2点からバイオマスは持続可能なエネルギー資源といわれており、この性質が「カーボンニュートラル」といわれるものです。
サトウキビ由来ポリエチレンの製造時を含めたライフサイクル全体におけるCO2排出量は、石油由来ポリエチレンと比較して、約7割強少ないといわれています。

大成化工の固形剤用広口容器

インジェクションブロー成形による丸型広口ボトル、ダイレクトブロー成形による丸型・角型広口ボトルの3種類を取り扱っております。以下でそれぞれの特徴についてご覧ください。

インジェクションブロー成形によるPE-HD製広口ボトルの特徴

TIB容器

厚生省告示370号に適合

DMFに登録済:DMF NO.8884
BP90 登録番号No253
「TIB容器ボトルシリーズ(TIB-35〜235)」
(バイオプラスチック度94.5%)
ボトルのみの対応となります。
あ

TIB容器構成図

  • インジェクションブロー成形の為、口部精度が高く、高い気密性を保ちます。
  • 口部穴あけ、研磨等の2次加工が不要な為、樹脂屑等の混入がなく、よりクリーン度の高い容器です。
  • 容器重量のバラツキが少なく、重量充填が可能です。
  • 全てオレフィン系樹脂から構成され廃棄性に優れます。
  • キャップはローレット有・無からお選び頂けます。

自社開発によるインジェクションブロー成形はポリプロピレン(PP)や、環状オレフィン樹脂(COP)、ポリエステル樹脂(PET、PEN)も成形可能です。 さらに、バイオマスプラスチックも含め、その他プラスチック材料による肉厚・薄肉ボトルの生産も可能です。

ボトル品名 OFV
(mL)
胴径
(mm)
ボトル全高
(mm)
キャップセット
全高(mm)
TIB-35 32.6 35.0 50.4 54.0
TIB-45 44.2 38.0 55.9 59.5
TIB-55 54.0 40.5 58.1 61.7
TIB-65 64.3 40.5 66.0 69.6
TIB-75 71.8 45.0 62.6 66.4
TIB-85 81.8 45.0 69.0 72.8
TIB-95 92.0 47.0 71.2 75.0
TIB-105 105.5 47.0 78.6 82.4
TIB-135 133.6 51.5 82.9 86.7
TIB-165 160.0 55.5 85.4 89.3
TIB-205 206.6 58.0 97.4 101.3
TIB-235 235.0 60.0 106.1 110.0
TIB-270(DB) 272.0 63.0 112.4 116.3
TIB-335(DB) 335.0 66.6 122.0 125.9
TIB-385(DB) 384.0 69.9 124.2 128.6
TIB-485(DB) 480.7 76.2 129.9 134.3
TIB-585(DB) 584.0 79.2 144.9 149.3

 

TIB-(TE)容器

厚生省告示370号に適合

DMFに登録済:DMF NO.8884
BP90 登録番号No253
「TIB容器ボトルシリーズ(TIB-35〜235)」
(バイオプラスチック度94.5%)
ボトルのみの対応となります。
TIBシリーズ(丸型)

TIB-TE容器構成図

インジェクションブロー成形による、丸型固形製剤用 広口容器です。
キャップはタンパーエビデント機能を備えたシリーズです。

  • 開栓時、キャップ開栓と帯を切断するタイミングを分離する事により、帯の切断の感触が際立ち、容器が初めて開栓された事を明確に知る事が出来ます。
  • 帯が切り離され下方に落下する事により、開封した事が一目でわかります。
  • 切断された帯は、ボトルから外れない為、製剤取り出し時に邪魔になりません。
  • 閉栓時、キャップ帯のフラップがボトルのリング外形を乗り越えた後は、締トルク以外の余分な力が加わらない為、締トルク管理が容易です。
  • キャップの成形パッキン、防湿タンクはTIBシリーズと共用の為、TIB容器同様、高い気密性を保ちます。
ボトル品名 OFV
(mL)
胴径
(mm)
ボトル全高
(mm)
キャップセット
全高(mm)
TIB-75(TE) 77.4 45.0 70.9 74.4
TIB-85(TE) 88.6 45.0 77.8 81.3
TIB-95(TE) 100.0 47.0 80.4 83.9
TIB-105(TE) 112.6 47.0 86.9 90.4
TIB-165(TE) 170.6 55.5 94.6 98.3
TIB-235(TE) 246.1 60.0 115.70 119.40


TIB-(CR-SF+TE)容器

厚生省告示370号に適合

DMFに登録済:DMF NO.8884

ISO8317のCR認証取得

CFR1700.20のCR認証取得
BP90

登録番号No253
「TIB容器ボトルシリーズ(TIB-35〜235)」
(バイオプラスチック度94.5%)
ボトルのみの対応となります。

TIBシリーズ(丸型)

TIB-CR容器構成図

インジェクションブロー成形による、丸型固形製剤用 広口容器です。
キャップにチャイルドレジスタント機能とタンパーエビデント機能を兼ね備えたシリーズです。
天面を押し込みながらキャップを回転させることにより、開封可能となります。

  • 米国及び、欧州のCR認証を取得しております。
  • 医薬品の誤飲からお子様を守る最後の砦として安心してお使い頂けます。
  • CR機能に加えて、TE機能を備えている為、カウンターフィットドラッグ(偽造医薬品)防止等、危機管理対策を充実させることが出来ます。
  • キャップの成形パッキン、防湿タンクはTIBシリーズと共用の為、TIB容器同様、高い気密性を保ちます。
※子供試験は42〜51ヶ月児、大人試験は50〜70歳
ボトル品名 OFV
(mL)
胴径
(mm)
ボトル全高
(mm)
キャップセット
全高(mm)
TIB-75(CR-SF+TE) 77.4 45.0 70.9 83.5
TIB-85(CR-SF+TE) 88.6 45.0 77.8 90.4
TIB-95(CR-SF+TE) 100.0 47.0 80.4 93.0
TIB-105(CR-SF+TE) 112.6 47.0 86.9 99.5

 


ダイレクトブロー成形によるPE-HD製広口ボトルの特徴

TCBシリーズ(角型)

医薬品包装材料標準化委員会 策定角形標準化ボトル

厚生省告示370号に適合

DMFに登録済:DMF NO.8884
BP90

登録番号No233 「TCB容器ボトルシリーズ」
(バイオプラスチック度96%)
ボトルのみの対応となります。

TCBシリーズ(角型)

TCB容器構成図

口上面に全く継ぎ目がない平滑性に優れた製品に仕上げました。
防湿機能に優れたPE-HD製広口ボトルです。

キャップ パッキン
  • キャップ材質はPP、PEの2材質からお選び頂けます。
    (識別の為、キャップ材質によりパッキン色を変えております。)
  • キャップは ハイシートパッキンタイプ、成形パッキンタイプ、乾燥剤をセット可能なEZタンクパッキンの3種類があります。
  • EZタンクパッキンは乾燥剤を分別廃棄しやすい形状となっております。
  • 角型であるため、保管スペースが少なく、表示が見やすい容器です。
    ※EZは Eco Zip の略です。
ボトル品名 OFV
(mL)
胴径
(mm)
ボトル全高
(mm)
セット全高
(mm)
1号 35.0 34.6 51.5 55.2
2号 45.3 37.0 58.5 62.2
3号 69.5 44.0 62.0 65.7
4号 93.0 48.0 65.0 68.7
5号 114.0 48.0 75.0 78.7
6号 134.0 52.0 77.5 81.1
7号 183.0 60.0 78.5 82.2
8号 223.0 60.0 91.5 95.2
9号 272.0 64.0 98.0 101.7
10号 338.0 68.5 101.5 105.9
11号 392.0 68.5 114.0 118.4
12号 497.0 68.5 139.5 143.9
13号 598.0 72.5 151.0 155.4
14号 1066.0 100.0 159.0 163.5
15号 1277.0 100.0 181.5 186.0


TSBシリーズ(丸型)

厚生省告示370号に適合

DMFに登録済:DMF NO.8884
TSBシリーズ(丸型)

TSB容器構成図

当社独自のダイレクトブロー成形による、丸形固形製剤用 広口容器です。 キャップにメタルキャップを採用しております。

  • 当社独自の成形手段を用いており、口上面に全く継ぎ目がなく平滑性に優れ、高い防湿機能が得られます。
  • メタルキャップの採用により開栓トルクの低下が少ない容器です。
ボトル品名 OFV
(mL)
胴径
(mm)
ボトル全高
(mm)
セット全高
(mm)
TSB-70-40 77.0 43.0 68.0 69.9
TSB-140-40 142.0 51.5 90.0 91.9
TSB-160-53 163.0 56.9 79.7 81.4
TSB-165-47 158.0 50.8 99.0 100.7
TSB-200-F53 207.0 56.5 102.2 103.9
TSB-235-53 228.0 57.2 109.8 111.5
TSB-250-F53 248.0 56.0 120.5 122.2
TSB-270-53 271.0 61.9 109.0 110.7
TSB-285-53 285.0 63.5 109.0 110.7
TSB-300-53 297.0 61.8 120.0 121.7
TSB-330-53 328.0 63.3 123.0 124.7
TSB-430-53 431.0 70.0 141.0 142.7
TSB-460-59 476.0 70.0 148.2 150.5
TSB-530-59 524.0 72.0 156.0 158.3
TSB-750-59 740.0 83.0 162.5 164.8
TSB-900-59 900.0 89.4 172.3 174.6
TSB-1060-59 1060.0 95.0 180.0 182.3
TSB-1200-59 1185.0 95.0 201.9 204.2

 

固形製剤容器用緩衝材

医薬品一次包装容器を多く手掛ける弊社では、同じ内容物を保護するという観点から、容器に付随する緩衝材の開発にも取り組んでいます。独創的で、使用性に優れた緩衝材をご提案いたします。

 

CPMBの特徴

厚生省告示370号に適合

押出し成形によって得られた伸縮性のあるポリエチレン製ネットを巻き込んだ形状の緩衝材です。
ボトル内面空隙部分に装填し、取り扱い過程における振動及び、衝撃から内容製剤を保護します。

 

CPMB

  • 柔軟性に富む為、様々な容器のヘッドスペースに適合させることが可能です。
  • 容器からの取出しが容易で、取出し時に錠剤を巻き込みません。
サイズ一覧 外径
(mm)
ネット長
(mm)
入数
CPMB NO.1-300HS 45±10mm 320±20mm 1,000
CPMB NO.1-400HS 45±10mm 420±20mm 1,000
CPMB NO.1-500HS 45±10mm 520±20mm 900
CPMB NO.2-400HS 55±10mm 420±20mm 750
CPMB NO.2-500HS 55±10mm 520±20mm 600
CPMB NO.2-700HS 55±10mm 720±20mm 500

 

プラスチック容器

お気軽にお問い合わせください Tel:072-643-5791 Fax:072-640-2508 大成化工株式会社・本社 〒567-0054 大阪府茨木市藤の里2-11-6 お問い合わせ・資料請求